本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

子供の外遊びに気をつけること【子連れお出かけ攻略編】

おつかれさまです。

本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

気候も良くなり、自粛も少しずつ解除され、そろそろ母たちは行かねばなりません、外遊びへ。

 

年中ワンオペで子2人をつれて駆け回る私が伝えたいことをここに記します。子々孫々まで伝えていってほしい…。

 

★子供の安全を確保する。

★親をケアする。

 

2点について記しておきます。

 

子供の安全の確保

 

私がワンオペ外出時、心がけていることは4つです。

 

①とにかく目を離さない

 

ワンオペの一番怖いところは「自分1人しかいない」という点です。

 

言い換えれば、

「子供のケア」

「子供の遊び相手」

「もしもの時の対策要員」

 

が自分1人ということです。怖い!!

 

子供はテンションが上がると何をしでかすか分かりません。車道や駐車場に飛び出したり、人とぶつかったり、転んだり、店のものをべたべた触ったり…。

 

なので、とにかく自分が目を離さないこと、離れても自分のテリトリー(すぐに駆け出していけるところ)のもと、見守りを行います。

 

我が家は上が5歳、下が2歳です。

上は制止が効く年齢になってきましたが、問題は下の子です。

 

興味があるものには猪突猛進!

ダメと言われたことはやる!

 

なので、私はそこそこ自由がきく場所(公園とか)は上の子には『この公園から出てはだめ。○○(目の届く範囲)までなら行っていいよ』と伝え、下の子には付きっきりというスタイルで乗り切っています。

 

 

②自分の手の届く位置に陣取る

 

これも理由は①と同じなんですが、どちらかというと下の子のように小さい子向けですね。

口で言っても制止できない時は手を出して行かないように制止。

 

必要とあれば抱える。

 

盗塁を狙う野球選手のように常にジリ…ジリ…と子供達から一定の距離をキープして見守っています。

ほんとは疲れるので、ベンチに座ってスマホとか触りたいけど絶対に無理です…。

 

そして持っていく荷物は必ず両手をあけたいので、リュックサック一択です。毎回「お泊まり?」ぐらいの荷物を詰め込んでいます。

 

 

③脱走経路を絞る

 

万が一、親の制止を振り切って公園、レジャー施設の敷地外から出る。

 

それだけは絶対に避けなければいけません。

 

迷子になるだけではなく、事故に遭う可能性もグッと上がるからです。

そして手元にはもう1人の子供。

母の機動力は大幅ダウンです。

 

なので、敷地外への出入り口が多い施設、死角が多い場所は避けたほうがベターです。

 

④人混みを避ける

 

感染云々の問題ではないですが、人混みが多いと死角は増え、ただでさえ落ちている機動力が更に削がれます。

 

おまけに人にぶつかったり、ぶつかられたり、いらんトラブルやストレスも増えます。

 

ワンオペ時は人混みを避けましょう。

 

母(父)をケアする。

 

ワンオペ外遊びは身体的、精神的両面で親の力をゴリゴリに飾ります。

 

①日焼け対策、熱中症対策はしっかり

 

これからの季節、親の日焼けと熱中症にも注意が必要です。

つい子供優先で世話を焼きがちですが、親の日焼け対策、熱中症対策も絶対にお忘れなく!

日焼け止めは首まわりもしっかり塗り込み、子供と一緒に水分塩分をとりましょう。

日中の対策を怠ると、夕方以降のタスクで潰れてしまいますので気をつけて…。

 

 

②自分を褒める

 

ワンオペ外遊びは、ついつい大きい声で注意&落ち込みがちですが(私だけ?)、とりあえず子供達が大きな怪我なく1日を終えることができたならそれでオッケー!!

 

子供達が寝てから、お酒や甘いもので自分を労ったり、早めに休んだりしましょう。

 

 

③お出かけ荷物に自分のおやつを仕込む

 

お出かけの時は子供の荷物ばかりになりがちですが、自分のおやつをしのばせておくのもオススメです。

 

小腹が空いた時、ちょっと疲れた時に食べると少し元気が湧いてきますよ!

 

④常に余裕をもってスケジューリング

 

子供の月齢でも変わってきますが、ワンオペの時は自分の体力をいかにして夜まで残すか、がカギとなります。

 

余力を残しながらのスケジューリンクは必須です。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

外遊びにお出かけ、お互い頑張りましょう…!