本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

ひたすら閣下の快進撃に身を委ねればいい漫画「ライドンキング」

 おつかれさまです。

 本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 何かすっきりする漫画が読みたいなーと思ってAmazonを徘徊し、こちらに出会いました。

 

ライドンキング(1) (シリウスコミックス)

ライドンキング(1) (シリウスコミックス)

  • 作者:馬場康誌
  • 発売日: 2019/01/09
  • メディア: Kindle版
 

「ライドンキング」です!

 

<あらすじ>

 中央アジアのプラジア共和国で終身大統領を勤めるアレクサンドル・プルチノフ。

 彼が最も愛するのは「乗りこなす」ということ。機械、生き物、国家…。全てを乗りこなしてきたプルチノフだったが、テロリストに狙われたことを契機に異世界転移されてしまう。

 

<おすすめポイント>

・プルチノフ閣下は最初からLv.99。何者も追随できない強さ。

・異世界でも閣下の意欲は「乗りこなすこと」のみ。異世界のモンスターも閣下の胸を躍らせるものでしかない。

・ただの変態おじさんのようだが、中身は慈愛に溢れ、弱きを助けるカリスマに溢れる素晴らしい人。国民になりたくなる。

・邪教の神官、奴隷商人と間違えられる悪い顔だが、某国の大統領にそっくり…。

 

 あまり深読みしたり、伏線ばしばしに張られた漫画に疲弊した時は(私のこと)この漫画を読んで欲しいです。閣下の快進撃に気持ちもすっきりできると思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!