本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

うちの夫と夫の親の話

‪うちの夫。‬
‪弟と2人兄弟。‬

‪義両親は他人の私でも分かるくらい、義弟のことを可愛がっている。‬

‪義弟が先に結婚した。‬
‪夫が私と結婚する時、「これからは長男(夫)に面倒みてもらわなきゃいけないから」とキリッとして言った。‬

‪何言ってんだと思った。‬

‪うちの夫。

中学、高校、大学と公立。‬
‪大学は奨学金をもらって通った。‬
‪大学院まで行ったので6年間は奨学金生活。‬
‪奨学金を完済したのは40歳間近になってから。‬
‪親と仲の良い人には思えなかった。‬
‪それでも義両親の言うことを何でも聞いてしまう。

‪お金の無心、同居、あれをしてほしい、これをしてほしい。‬
‪繰り返すが、仲の良い親子ではない。‬
‪そう、我が家は二世帯同居…。‬
‪けれど家事も育児も手伝う気がない、のんびり過ごす余生…。‬

‪お金を無心した義両親がお金を使う先は義弟家族。‬

‪甥と姪へのプレゼント。‬
‪京都に住む義弟家族に会いに行くための電車賃。‬
‪夫は文句も言わずにお金を出す。‬

 

‪同居が決まった時、私は本当に嫌だった。‬
‪私の意見がないがしろにされることも悲しかった。‬
‪長男である夫が親の面倒を見る。その考えは分からなくもないけれど…。

 

うちの夫。

‪同居に向けての話し合いのなか、私は彼に言った。‬

 

‪「義両親と私が揉めたら、私の味方をしてほしい」‬
‪「分かってる。当たり前だ!」‬

 

‪夫は言ったが、味方をしてもらったことは今のところ一度もない。‬
‪義両親を庇い、擁護した。表立って非難はしないが、義両親のことを話すと決まって不機嫌になった。

‪私は義両親の困り事を夫に相談するのをやめた。‬
‪代わりに心療内科にお世話になることになった。ストレスがかかり過ぎているね。医者はそう言った。‬

‪noteを始め、ブログを始めた。‬
‪書くことが好きだった私には、文章を書くことが向いていた。‬
‪元気になってきた。そして今に至る。

 

‪心理学を専攻した友達にこの顛末を話したところ、彼女は「旦那さん、呪われてるね」と言った。‬

‪これは彼女の見解だが、‬

 

 

‪①小さい頃から満たされなかった親の愛情‬

‪②大人になって親の要求をのむ‬

‪③「ありがとう」と言われるのを期待している。‬

 

‪40過ぎた大人が、まだ親に縛られてるなんてそんなしんどい話がありますか。


‪私ができることと言えば‬

 

‪①夫の問題と自分は別なので切り離して考える。‬
‪②夫には折々に「あなたが大切」と伝えていくこと。‬
‪③自分たちの子供達には頼らないよう、経済力をつけていく。‬

‪④義両親は許さん。‬

 

‪くらいでしょうか。

 

我が家の子供たちには呪いをかけずに生きていきたい。

子供達には子供達の人生を生きてもらいたいものです。