本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

私も俳句ゼミに入りたい[ほしとんで]

 こんばんは。

 本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

「青春ものが読みたい。キラキラしていると目が潰れそうだから、落ち着いている漫画が良い。笑えるならなお良し」

 

 そんなあなたにはこちらをどうぞ!!

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)

  • 作者:本田
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/15
  • メディア: Kindle版
 

 

「ほしとんで」です!

 

[どんな漫画?]

 八島大学芸術学部(通称・やし芸)で、流されるままに俳句ゼミに入ることになった尾崎 流星(おざき りゅうせい)と、濃い仲間たちが俳句の世界に足を踏み入れる大学生ストーリー。

 

[ネタバレにならない程度のお勧めポイント]

・登場人物たちの個性が際立っている。

・描かれるキャンパス、授業風景がリアル。大学生活楽しそう。うらやましい。

・登場人物のスタート地点が「俳句とは…?」なので、恐らく読者と一緒

・読者も俳句ゼミに入った錯覚を起こせる!

・俳句の17音に込められた奥深さに触れて頭ガツーンとなる。

・俳句で選ぶ言葉がとにかく美しい。季語だけでもバラエティーに富んでいる。それが17音になると鳥肌モノ。

・基本笑いながら見ていられる…のに、時々シリアス風味を仕込まれる。バランスが絶妙。

 

[まとめ]

・LINEマンガにて連載中。

・単行本は2巻まで発売中。

・ひと味違う大学生の青春物語。

・恋愛、友情と他者と刺激しあうキラキラした学生生活ではないが、言葉の海にゆっくり沈んでいく心地よさがある。

・ところが油断していると海の中で脇腹をくすぐられる。

 

 まずは1巻を手に取って頂きたいところです。LINEマンガだと1話無料ですが、続けて読むとやはり面白い!

 

 それではまた!!