本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

自粛×料理×漫画でオススメ3選

 お疲れ様です。

 本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

そうだ。料理しよう。

 長い自粛生活、お疲れ様です。本当にお疲れ様です。

 我が家は保育園児が2人いるのですが、現在登園自粛のため毎日家におります。これがね…なかなかしんどいのです。

 普段なら動物園、植物園、博物館、公園、ショッピングセンターと外出させて気を紛らわせるのですが、行きたいところも行けないこんな世の中じゃPoizonな日々なので(世代)自宅で子供を交えて料理をしています。

 クオリティはともかく、「作った!」という達成感や工程を楽しんでもらえればいいかなと思っています。作ったものは親が食べればオールOKです。

 昨今は料理ジャンルの漫画が増えてきて嬉しい限りです。

 

 読んで楽しい。

 料理して楽しい。

 読んでいる最中はお腹が減る。

 

 そんな料理漫画おすすめ3選を紹介します。

 

きのう何食べた?

きのう何食べた?(1) (モーニングコミックス)

きのう何食べた?(1) (モーニングコミックス)

 

 

 ドラマ化もされた料理漫画です。

 ゲイのシロさんとケンジの日常を描いています。こちらは中級~上級者向けの料理が多い気がします。子どもだけで作るにはいささかハードルが高い料理が多いですが、

 

・小難しい調味料が出てこなくてとっつきやすい。

・料理の基本がわかる(気がする)

・料理を作っている人のモノローグ(これを煮込んでいる間にあれをして…など)が共感できる。

日常漫画なのに人の内面に切り込む着眼点がさすがとしか言えない。

・おすすめです!

 

パパと親父のウチご飯

パパと親父のウチご飯 1巻 (バンチコミックス)

パパと親父のウチご飯 1巻 (バンチコミックス)

  • 作者:豊田悠
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: Kindle版
 

 シングルファーザー同士の同居のお話。

 父としての悩み、子供との付き合い方、母親の存在など、特に家族を持っている方にはゴリゴリ共感しながら読めると思います。料理のハードルは初級~上級まで。料理をする父達のステージが上がっているので、料理の幅が広いです。

 

・こちらも小難しい調味料が出てこないのでとっつきやすい。

・子供と一緒に作れる料理も多数。

・子供のお手伝いレパートリーが幅広い。どちらかというと年長さん以上のお手伝いを想定して描かれていると思います。お子さんの個人差にもよると思いますが…。

名言「キル・ネル・ジュー」 

訳:子供たちが好きな工程のこと。材料を「切る」、「練る」、「焼く(ジュー)」

・巻末レシピがわかりやすい!

 

広告会社、男子寮のおかずくん

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

  • 作者:オトクニ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Kindle版
 

  広告会社に勤め、同じ社員寮に住む男性社員4人が毎週金曜日に各自が担当するご飯を持ち寄って(ご飯、汁物、主菜、副菜)ごはん会を開くお話。

 

・小難しい調味料が出てこないのでとっつきやすい。(3回目)

・ごはん、汁物、主菜、副菜とレパートリーが豊富。

・がっつり系~さっぱり系、時間がかかる凝ったものから時短で作れるものまで。

王道よりはややひねったレシピが多め。

夫受けがとにかくいい。(我が家の場合)

・手書きのレシピにあったかみを感じる…。友達に書いてもらったような気持ちになる。(イラストも可愛くて見やすい)

 

まとめ

 書いていて気づきましたが、男性が主人公の漫画が多いですね…?お腹が減る漫画ばかりなので、料理意欲が湧いてくると思います。

 この漫画3選、共通して言えるのは「優しい気持ちになれる」ということです。やはりごはんを食べるのは生きることの根っこですし、今回紹介した漫画も「食べさせたい誰かがいる」というのが共通テーマなのも関係していると思います。

 あと、ハプニングぽろり的なシーンがないのもオススメポイントですね…。漫画好きのお子さんにも安心して勧められます。漫画を読める年齢であれば勧めて頂きたいですし、レシピの相談をしても楽しいかと思います。

 有り余る時間が、少しでも楽しいものになりますように!

 

 ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

「リウーを待ちながら」 辛くなかったら読んでほしい

 こんばんは。本と漫画を愛する主婦のがみさんです。

 自粛生活、お疲れ様です。ストレスが溜まると読書がはかどるタイプの人間なので、書籍代が大変なことになっています。

 日本はもちろん全世界大変なことになっていますが、この現状にグサグサ刺さる漫画を見つけてしまったので紹介します。

リウーを待ちながら(1) (イブニングコミックス)

リウーを待ちながら(1) (イブニングコミックス)

  • 作者:朱戸アオ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Kindle版
 

 「リウーを待ちながら」 です。

 ただ、この漫画は感染症がメインテーマなので、漫画に共感してしまいがちの方、長引く自粛でメンタルが疲弊している方にはしんどくなること間違いなしなのでオススメできないです。ご注意を!!

 

あらすじ

 富士山をのぞむ「横走市」は人口が8万人程度。自衛隊の基地とともにあるのどかな市だった。ある日、インフルエンザの季節でもないのに高熱、呼吸不全の患者が2例、横走中央病院に運ばれる。それを契機に原因不明の同症状の患者が次々とやってくるようになる。検査の結果はペスト。感染したことを知らずに、普通に過ごしていた住民たちは、感染を徐々に広げ、数日後にアウトブレイクを起こす。

 

見どころ

 感染の広がり方がとてもリアル。パートの主婦から買い物をしたタクシーの運転手、タクシーの運転手と会話をした乗客…とみんなペストに感染したことを知らずに生活していきます。

 作中にもありますが、ペストは今まで世界で2億人が死亡。全世界で3回流行しており、2回目の中世ヨーロッパでは当時の人口の1/3~2/3が死亡。恐ろしい病気です。

 感染し、患者さんはどんどん亡くなっていきます。最初に患者が運ばれた横走中央病院はふつうの市中病院です。普段は風邪や食中毒、熱中症の患者さんが来ているような病院が、あっという間にペスト患者で埋め尽くされます。玄関先でトリアージが行われ、人工呼吸器が足りなくなり、駐車場には自衛隊のテントが建てられて戦場と化します。

 絶望的な状況のなかで、自分の職務を淡々とこなす人々。医師、看護師、事務、掃除、自衛隊、応援の医師団。敬意しかない姿勢に、祈るような気持ちになります。

 

見どころ②

 ペストが広がり、横走市は封鎖されます。出ることも入ることもできなくなります。それでもペストは横走市民に次々と感染していきます。すると次に何が起こるのか。

 感染者への差別です。感染者が多い地域での空き家の放火、感染者が出た家は遠巻きにされ、新たな感染者が出れば後ろ指をさされ、マスクは売り切れ、除菌グッズも手に入らない。

 更に、横走市外でも差別が広がります。横走市出身というだけでいじめに遭ったり、ペストに感染しているのではないかと疑いのまなざしで見られます。

 登場人物の1人、原神先生の言葉が深いです。

すぐ思い付く対象を攻撃して問題を”解決”しようとするのは500年間変わらない人間の営みさ…。

そもそも無理なのかもしれないな…。

人間は解決できない事に

耐えられないのかもしれない。

 

まとめ

 あまりの切迫感と現状との酷似のため、読む人を選んでしまう漫画ですが、読めそうな人は読んでほしい…。

 自分1人が頑張ったからといって、嵐のような理不尽さには何も抗えない。

 それでも、嵐の中にいる人たちは嵐がやむのを待ちながらも進む道を探さなくてはいけない。

 嵐が過ぎ去るのを待つ勇気がもらえる漫画です。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

産後の骨盤矯正について比較するお話

 こんばんは。

 本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

骨盤は万能か?

 皆さんは産後の骨盤矯正、興味がありますか?

 産後の骨盤矯正、色んな治療院や整体院、サロンで謳われていますね。

 

 ・歪んだ骨盤が治る

 ・産後のずれた骨盤が元の位置に戻る。

 ・開いた骨盤をそのままにしておくと太る。

 ・骨盤が閉じれば免疫力が上がる、痩せる。

 ・スタイルが良くなる

 ・体の不調が治る

 

 ちょっと待ってよ。

 

 骨盤整えただけで、明らかに色んな効果出すぎじゃありませんか。骨盤は万能ですか…!?

 理学療法士の学校に通い、解剖学を学んだ時もそんなことは言われませんでした…。最近の知見なの?そうなの?

 

自分の出産が転機

 ところが、実際自分が出産を2回経験してみたところ、色々な不調が現れました。

 ・腰痛

 ・股関節の不安定感

 ・恥骨の痛み

 ・足の筋力の低下

 ・歩いていると骨盤あたりが不安定に感じる。

 ・体重が戻らない。

 

 色んな不調、骨盤矯正の謳い文句…。やっぱり実際自分で行ってみるしかない!と思い立って行ってみました。(子②出産後のことなので、2年ほど前のことになります。今は外出していませんよ!)

  

 インターネットで調べて口コミや評判が良かった2つの整体院に行ってきました。1つは理学療法士さんが経営している整体院、もう一つは整体師さんが経営している整体院です。口コミがとても良かったことはもちろんですが、施術中に子供を預かってくれることが決め手でした。

 

理学療法士さんの骨盤矯正

 私自身、理学療法士ですが、「理学療法」が大好きなため、自分で理学療法を受けられることにワクワクしていました。

 内容は「姿勢分析」がメインでした。iPadを使って立った姿勢の撮影。アプリでマーキングしていき、姿勢の問題点を理学療法士さんから説明されます。

 施術は骨盤周りだけでなく、全身の筋緊張を落としたり、左右の非対称性を動かすことで比較したり、股関節周囲を動かしたりされました。ボキボキ音が鳴るようなことはありません。

 

 超気持ちよかったです。

 

 最後には自宅でもできる自主練習を指導されました。3回コースでしたが、自宅できちんと運動が行えているかなどチェックされます。お値段は3回コースで15000円でした。

 

 

整体師さんの骨盤矯正

 

  理学療法士さんのいる整体院とは違い。こちらの方が触診がメイン。寝たままで骨の突出部、筋肉のボリューム差、筋のかたさ、左右差などを触診されます。

 こちらのほうも骨盤矯正といっても骨盤周囲だけを触 るのではなく全身をしっかりと触っていきます。ただむやみに骨をバキバキと鳴らしたり無理な方向に関節を曲げたりのばしたりするはありませんが、「揉まれた」「動かされた」という感じはこちらのほうが強かったです。でも揉み返しも痛みもありませんでした。

 

 超気持ちよかったです。(2回目)

 

 整体師さんの方でも姿勢の注意点などを最後に受け、終わりました。こちらも通院は3回。ちなみにこちらもお値段は15,000 円でした。 

 

2人の先生に聞いてみた。

・骨盤矯正は骨自体を動かすというより、周囲の筋肉の不均衡を調整するのがメイン。

・筋肉が不均衡を起こすと足の長さや骨盤の傾きに左右差、引いては痛みが出てくるので、そこを治療している。

・骨盤矯正と書くとお客さんがイメージしやすい。

 

(色んな考えや流派があると思いますが、私が受けた先生方の考えは上記のような感じでした)

 

まとめ

 骨盤矯正を受けるだけでは、私は痩せませんでした…。しかし、股関節周りの不安定さや腰の痛み、背中の張りや肩こり等は軽減したように感じました。何より人の手で触ってもらいながら育児の悩みなどを話すと、本当に体も心も軽くなったように感じました。

 

 育児中は子供優先になってしまい、自分の体の事は後回しになりがちです。

 自分自身をケアしていってあげることで、長い目で育児を頑張れるのではないかと思います。保険がきかないので少々高めではありますが…。

 

・施術する人の相性

・しっかりとした情報を提供してくれているか

・何回も通わせることでお金を取ろうとしていないか

・治療の間子供を見ていてくれるか

 

…なども考慮し、治療する場所を選んで頂けたらと思います。ただし、痛みが強すぎる、もともとの原疾患がある、神経症状がある…といったことがみられると、整形外科の領域になりますので、病院の受診も考慮してください。

 外出自粛が落ち着いた頃には、ぜひ産後のケアの1つとして骨盤矯正を取り入れるといいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

最後の最後まで胸にささるよ!「伝説のお母さん」

 こんばんは。

 本の漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

 webで大人気となり、書籍化もドラマ化もしたこちらをオススメさせて頂きたいです。

 

伝説のお母さん

伝説のお母さん

  • 作者:かねもと
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: コミック
 

 

「伝説のお母さん」です!

 私は好きすぎて電子書籍、紙媒体両方で持っています。

 

あらすじ

 魔王が復活してしまった世界で、伝説のパーティーが再結成し魔王の討伐に行くことに。メンバーの1人である魔法使いは一児の母となっており、子供の預け先がなく魔王を倒しに行けない!魔王を倒す前に「待機児童問題」にぶち当たっているのだった。

 

作者の思いから読んでください

 いきなりですが、作者のかねもとさんのあとがきから引用させてください。

なぜ子供を産んだ女性キャラが冒険に行けないのか(産前と同じ事ができないのか)と考えると、もちろん子供がいるからでしょう。

でも、父親のキャラクターは結構いて、「国には妻と子供がいる」なんてキャラ設定はあった気がします。

妻子を守るために!という理由でカッコよく戦って、父親は妻に子供を任せて世界を救う旅に出ていける。

それは違和感がなくて「お父さんは世界のために戦っているのよ」とか「まったくあの人は…」とか「男っていつもこうなのよね」という感想で終わり。

 

 ああ~現実世界もまさにそんな感じですうううと膝をつく30代主婦がわたくしです。

 作者のかねもとさんがTwitterで呟かれていたような気がするのですが、

母は旅立つ人を黙って待つかもしく死んでおり、旅立つ動機づけになっている」とありました。

 母だって前線に出たいですよ…。

 

魔法使いの葛藤に共感できる

 私たちは魔王を倒しには行けませんが、主人公の魔法使いの悩みと私たち親の悩みは一緒です。

 

・自分は母親なのだから、しっかりと子供を見なければならない。

・夫は仕事で疲れているのだから、自分がやらなくてはいけない。

・やっぱり自分が魔王を倒したい、旅に出たい。(働きたい)

 

 そんな葛藤を抱きながら働き方を模索している魔法使いに、物語の後半で彼女の夫がとんでもない台詞をぶつけます。

 

「なんで子供がいるだけでそんなに大変なんだよ!」

「こんなことになるくらいなら、子供なんていないほうが……」

 

 なんてこと言うんだ!と憤慨しながらも、自分にもブーメランで跳ね返ってきました。自分自身もほんの少し、ほんの少しだけよぎったことがある言葉だったからです。

 

親はみんな戦っている

「魔王が攻めてこなくたって、みんなこんなに戦っているんだ」

  

 主人公の魔法使いがお母さんなので、つい女性目線優位になってしまいますが、父も母も親は全員読んだほうがいいです。

 仲間の1人、伝説の勇者は「お父さん」ですが、家族のため最初からある決断をします。

 

 私も男で勇者の立場ならそうするだろうなっていう決断です。必見です!

 

 色んな立場の人間、色んな立場の親がいて、それぞれの事情で戦っています。

 親の大変さと、相反する充実感を余すところなく楽しめる1冊です。

 

 作者さんのあとがきに添えられた末文が素敵です。あとがきまでぜひ読んで頂きたいです。

 

 ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

保育園の登園を自粛している我が家からお送りします。

 おつかれさまです。

 本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

保育園登園自粛の要請

 

 保育園登園自粛の要請が先日きました。強制力はないとのことでしたのが、すごくすごく色んなことを悩みました。

 

・感染の怖さ

・保育士さんたちの負担

・どうしても仕事を休めない人たちの子供達を預ける必要性

・自宅で我が子2人を見る大変さ

・朝から晩までワンオペの不安

・自分のメンタル面が落ちたらどうしよう

 

 悩みに悩みましたが、4/9と4/10は登園を自粛することにしました。今までも在宅保育園していたことはありましたが、今までとは規模が違いますし、行ける場所も限られています。

 来週からはどうしようか悶々と考えています。

 

この2日乗り切れた理由

・やはり天候がよかったので、家の前で庭いじりをしているだけでも気分転換にはなった様子。

・事前にタイムスケジュールを決めておいたので気持ちに余裕が生まれた。予定通りにはいかなくてもプランニングしてあるだけで親の心が豊かになる。

・自粛前に食料を買い溜めしておいたことが役立った。あとはシャボン玉などおもちゃ類。

 

 あまりイライラせず過ごせたことが、一番の収穫でした。

 

イレギュラーなことも発生

 隣の家に小学生の姉弟がいますが、外に出てると「あそぼー!」となってしまいまして、「休校の意味とは…?」と白目を剥いていました。

 昨日今日と4人の子供たちの相手をしたので、その辺りの記憶が曖昧…。元気ならええのよ…。

 

まとめ

 本当なら学校に通う予定で、「就学」目的での保育園利用予定でしたが、こんなことなるとは…。

 でも、やはり仕事をしている方のための保育園でもあるし、いつもお世話になっているし、微力ながら協力したいと思います。

 ガイダンスなど、どうしても通学しなければならない時だけお願いする予定です。週2くらいかな…。

 

 少しでも子供達が元気に楽しく過ごせるよう、親も考えていきたいと思います。