本と漫画と時々主婦

好きな本と漫画のことについて書きます。時々主婦っぽいことと本業(理学療法士)のことも書きます。

A案とB案しかないと厳しいぞ

こんにちは。

本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

きっかけはTL

差し障りあるのでツイートはそのまま載せられないが、ある日こんなツイートが流れてきた。

投稿者は男性。

 

「育休明けの妻。残業できないと上司に復帰前に伝えていた。ところが上司からは『君だけ残業していない』と面談で責められた。ひどすぎる」

 

ざっくり言ってこんな感じだった。

リプ欄やリツイート欄の反応は様々だったが、大別すると2つの意見が多かった。

 

①奥さんが気の毒。旦那さん(投稿者さん)も心配ですね…。

 

②旦那さん(投稿者さん)が家事育児を負担し、週に1〜2回は奥さんが残業すればいいのでは?

 

これらの反応に対して、投稿者さんが再度投稿したのがこんな感じのツイート。

 

「自分は週3回はお迎えに行っている。仕事から帰ってからが育児の本番である。妻や自分がワンオペの日を作ればいいということか?夫婦2人で育児をしたほうがいいに決まってる」

 

自分のことを鑑みる

私がフルタイムで働いていたのは長男が1歳から2歳にかけてだった。職場から保育園は遠く、退勤時間きっかりにタイムカードを押してダッシュで退勤していた。

それでも保育園に着くのは18時ギリギリで、大体私は一番遅いお迎えだった。

道が少しでも混んでいたり、悪天候であれば延長保育決定である。

報告書や計画書、カルテは昼休み返上で作成し、勤務後の勉強会や研修は参加困難。

退勤時間ギリギリに病棟が電話がかかってきても延長保育は決定。

ヨロヨロになって迎えに行くと長男の体調が怪しい。受診するにも病院はもう閉まっている時間。

とにかく毎日毎日が綱渡りであった。

 

残業まではいかなくても、退勤ジャストじゃない勤務には憧れた。夕方から来る外来患者さんもしっかり評価できるし、報告書も作れる。

堂々と研修会には参加できるし、関係各所への連絡も落ち着いて行える。

せめて1時間、17時半に退勤するのではなく18時半に退勤できたなら……。

職場はみんなゆっくり帰っていた。みんな通勤10分くらいのところに住み、実家や義実家が近かった。

 

うちの夫の意見も聞いてみた

うちの夫は会社員。一連の流れについて意見を求めてみた。

「そりゃ奥さんの上司が悪いでしょ。最初に残業できないって聞いてたのにそんなこと言い出すのはおかしい」

 

そう、一番悪いのは奥さんの上司。

そりゃ誰が見たってそうだ。

 

けれど、立場の弱さに関してはどうだろう。

 

育休明けの人間は立場が弱い

上司のタイプにもよると思うが、上司と交渉&戦うにはすごーーーく根気と忍耐、勇気もいる。正面切って戦えばどうなるか……

 

一度も急な休みをとらず、フルタイムで働き時には残業もこなす人と、休みがちで残業はできない人。

 

過程を加味せず、結果だけを見ると発言権には差が生まれる。

「はがねのつるぎ」と「ひのきのぼう」くらい差がある。

夫は「はがねのつるぎ」しか持ったことがなく、私は出産してからは「はがねのつるぎ」を捨てて「ひのきのぼう」しか持ったことがない。

人によって持てる武器は違い、人によっては武器をもちかえなければならない。

 

「バラ色の聖戦」(ネタバレあり)を読んで思うこと

主人公の真琴は専業主婦ながら努力でモデルを目指し始める。真琴の夫、敦司は銀行員。妻が新しい世界を広げることが気にくわない。

敦司は夫は外に出て働くもの、妻は家をしっかり守るものという考えが根深く、2人の考えは交わらない。

 

物語の途中で2人は離婚。

敦司は家庭的な女性、陽子と再婚。陽子は敦司に何も文句を言わずにサポートする。家事育児を完璧にこなす。

 

ところが異変が。

敦司は脳出血を発症し、日常生活に支障はなくなるまで回復するが銀行の仕事についていけず、「仕事もできないのに高い給料もらってる」と同僚に陰口まで言われる始末。

 

思い悩んだ敦司は陽子に相談。

銀行をやめ、個人でトレーダーとして在宅で働きたい。収入が安定しないので、陽子にも働いてほしいことをお願いする。

ところが陽子の答えは思いもかけないもの。

 

「私は家のことをするという約束で結婚した。私が働くというのは約束に反したものだ。自分は家事育児を文句も言わずに行い、約束を守ってきた。

自宅で働くなら自分たちを養うだけの経済力を確保してほしい」

 

今まで前妻に「妻たるもの家を守るもの」と強制してきたのが、今度は自分が「夫たるものしっかり働くもの」という呪縛に囚われてしまうのだ。

 

夫は仕事、妻は家。

夫は残業、妻は定時。

 

2択しか選択肢がないと「家族を守る」という大きな目標を達成するのが厳しくなると思う。

 

まとめ

 

今回のTLの件。

長期的に見れば転職や配置換えをしたほうがいいだろう。

だが短期的に見ると奥さんの立場を守るなら奥さんに残業してもらうのも一つの手だと思う。

自分の立場を、築き上げた武器を捨てるのは誰だって嫌に決まってる。

あとは想像だ。立場を守らなければいけない人のことと、立場を変えなければならなかった人のことを。

くれぐれも「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言い放つ王妃にはなりたくないものだ。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 



 

 

 

「さよならしきゅう」女性は読もうぜ!

こんにちは。

本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

久しぶりに本の紹介!

どどん!!

 

さよならしきゅう (Kissコミックス)

さよならしきゅう (Kissコミックス)

  • 作者:岡田有希
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: Kindle版
 

 

「さよならしきゅう」です。

以前Twitterでおすすめもした漫画家・岡田有希さんの実体験。不正出血から婦人科を受診。子宮頸癌が見つかり、入院から手術と闘病の記録を淡々と客観的に、笑いを交えて描かれています。

 

見どころ

1話ごとの緩急の付け方が上手いので、「とにかく読んで」しか語彙力生まれないのですが、

10話で岡田さんがお友達の「あやのさん」に癌を打ち明けた時のあやのさんの対応が素晴らしすぎます。

まずさ〜『癌』って言葉が良くないから呼び方変えようよ‼︎

 

このセリフからスタートします。

 

呼び方を…変える……?

 

疑問符が浮かんだ人はコミックス買おうな!

軽くなく、それでいて深刻になりすぎない対応の仕方に気持ちが軽くなります。

 

見どころ②

「さよならしきゅう」続編がありまして。

 

闘病エッセイは入院中の出来事に焦点が当てられることが多く、最後は「退院して終わり」が定石かと思います。

医療ドラマでも「退院して終わり」のことが多いですしね。

 

けれど我々(リハビリ)は知っているはずです。

 

「退院がゴール」ではないことを…。

「退院してからも生活が続いていく」ことを…。

 

「さよならしきゅう そのあと」では退院後の生活をあれでもか!これでもか!!と掘り下げて描かれています。

 

特にオススメなのは6巻。

岡田さんは乳がんの疑いのため、再度受診することになります。

 

初めて子宮頚がんになった時は死ぬ心配ばかりしたが、今回は生活の心配をしてた

 

病気になると、シワ寄せがいく生活。

家族誰にでも役割があって、欠けると生活が上手く回らなくなります。

その回らなくなる生活がいかに大事であるか、生活を続けていくのが山盛りの小さな事で積み重なっているのを教えてくれます。

 

まとめ

私自身も子宮関連で2回手術台に上がった身。

今も卵巣が腫れてるので経過観察で通院中です。

ちょっと変だったら後回しにせず病院に行こうぜと言いたい。乳幼児のお母さんは通院も大変だと重々承知していますが…!

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「イヤイヤ期はプロトコル遵守」

おつかれさまです。

本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

我が家は5歳2歳の男児を育てていますが、

2歳の次男がイヤイヤ期へ突入。

イヤイヤは日を追うごとに激しくなり、私を襲うわけです。

 

そんな今日、見つけたツイートがこちら。

 

f:id:noogaamiii:20200702135000j:image

 

いやーほんとにそれ。

言葉選び天才かと思ったし、エアーで握手求めました。おつかれさまです…本当におつかれさまです…。

わかります。

 

ちなみにプロトコルとは…あらかじめ定められている規定、手順、治療計画などのこと。

プロトコール | 看護師の用語辞典 | 看護roo![カンゴルー]

 

 

イヤイヤプロトコル

イヤイヤ期の子供はとかく勝手に親が行うことを嫌がる。一度「イヤァァァ」のスイッチが入った子供達。ご家庭によって様々な変貌を遂げると思うが、我が家の次男の場合は破壊の信徒と化す。

机の上の物を手当たり次第にガシャーン。

食事のお皿をひっくり返す。

スマホは遠投の刑。

テレビにタックル。

母をパンチ。

兄に八つ当たり(とばっちり)

 

そして再度怒られ、涙と共に破壊は加速し、最終的に泣きすぎてえづいて嘔吐する。

 

一言でまとめると被害は甚大。

間違っても朝の忙しい時間、お風呂のこざっぱりした後には引き起こしたくない大惨事だ。

 

そしてこの「イヤイヤイヤァァァァ」を避けるのに役立つのがプロトコルだ。

 

「着替えてもいいですか」

「汚れたので着替えましょう。いいですか?」

「ズボンを脱ぎましょう。いいですか?」

「オムツを替えましょう。いいですか?」

 

この「いいですか?」→「うん」の流れがない中で動作に進んではいけない。

ところが問題がある。

「いいですか?」→「うん」→「チガウ!」

 

という全ての条件無効の返答が返ってくることがある。そして冒頭のツイートに戻る。

 

f:id:noogaamiii:20200702141350j:image

 

なんでや…なんでなんや…。

 

 

イヤイヤ期は子育ての段階が変わる

 

私も2人の育児中。

n=2の話ですが、何も知らない出来ない、ケアが中心の新生児期、乳児期と違って(それはそれできついものがあるけど)、イヤイヤ期は「人間」を相手にしている感じが強くなる。

 

自分の好みが出てくる、自分がしたいこととしたくないことがはっきりしてくる、「意思」を感じる。けど「疎通」は不十分…。

 

赤ちゃん期は「快」「不快」がメインで、「不快」を推測して動けばOK。

ところが、イヤイヤ期はもっと複雑。

 

「汚れたオムツは不快だが親が交換することは許さない。なぜなら着替えは自分でやりたいからだ」

 

という風に欲求が複雑化してくる気がする。ちなみにこれはうちの次男の場合で、これだけ流暢に喋れるはずもなく、この欲求を

 

「たいの!イヤーの!!んちー!」

 

というつぎはぎ単語でぶつけてくる。ハードモードにも程がある。

 

イヤイヤ期に必要なものは

 

・その子に合ったプロトコルの遵守

・親の体力

・親の精神力

・親の忍耐力

・親の諦め

・セカンドオピニオン

 

である。ワンオペでイヤイヤ期に立ち向かってはいけない。絶対にだ。

違う人間の意見なら聞くこともある。

 

結局解決方法は「時間」しかない。

3歳になれば、4歳になれば、きっと「イヤ」よりも「うん」が増える日が来る。

 

全てのプロトコル遵守者に敬意を…!

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!!

 

 

理学療法士×主婦について考える

おつかれさまです!

 

本と漫画を愛する理学療法士(休職中)がみさんです。

 

結婚×理学療法士について考える

 

私は7年前に結婚し、今は2人の子の母です。

結婚する前はお金は自分のお金は自由に使い、日々のストレスは趣味に全部ぶつけていました。リハの勉強会は夜、土日も多かったので、自分の興味のあるものはどんどん参加していましたし、学会も県外遠征よろしくガンガン行っていました。

 

結婚して変わったことがあります。

 

①夫の給料も含め、家計管理をするようになったこと。

②土日の使い方の変化

 

①は結婚した人の多くが経験することかもしれません。

 

ところが、②は少し事情が違います。夫は会社員です。土日に研修会、学会、勉強会と予定を詰めている私にある日聞きました。

 

「土日まで勉強会とかしなきゃ駄目なの?」

 

夫は大学を卒業したあと、会社員になりました。会社にもよると思いますが、

 

「休みの日は休み」

 

休みに勉強会や学会が本当にあるのか実感できなかったようです。異業種の壁…。

医療職同士だとおそらくこの壁はないと思いますが…!

 

 

妊娠×理学療法士について考える

語弊があるのを承知で書きますが、病院は圧倒的に女性が働く率が多く、女性の力が強いところです。

看護師さん、事務方さん、栄養士さんは特に多いですね。

 

そんな病院でも、男女の比率が違うところがあります。

その中の1つがリハビリ、特に理学療法士です。私が資格をとった10年ほど前は養成校の男女比率は半々でしたが、もう少し前になると男性7割、女性3割くらいだったそうです。(遡るほど男性比率は上がっていきます)

 

男性が多くなると、妊娠についての理解が薄らぎます。(※職場によります!!)

 

私は子宮頚管無力症で、1人目は3ヶ月の安静&入院、2人目はシロッカー術の実施が必要で入院が必要でした。

 

そして運の悪いことに、当時の上司は妊娠出産に対する理解がない人で、説明してもなかなか理解してもらえませんでした。

 

既に出産、育児をしている他の女性セラピストもいましたが、全員妊娠中のトラブルもなく、前例がなかった……というのも一因にありました。

 

上司には恵まれませんでしたが、先輩たちには恵まれたため、女性セラピストがフォローや引き継ぎをしてくれたり…といったこともあり助かりました。

 

体調を考慮し、妊娠が判明してからは自立度の高い人、他のスタッフの代行業務、書類関係を中心にさせてもらいました。

妊娠中は思うように働けないので歯がゆい思いをしたこともありますし、他の人の負担が目に見えて増えるのが分かるため、心苦しくなります。

 

お腹の子の安全もありますが「妊娠しているんで仕事できないんです☆」とは言えない働く人がほとんどではないでしょうか…

 

 

育児×理学療法士について考える

多くの人は保育園に預けて仕事をしている人がほとんどかと思います。

 

体調不良時のお迎えコールの対策、引き継ぎ、急ぎの報告書…。

みなさんどうしているんでしょう…?

 

でも私が気になっているのはもうひとつ。

 

勉強会、学会に参加できていますか…??

 

私はかなり難しくなりました…。

 

どうしても、どうしてもこれだけは…!!というものだけは参加するようにしていますが、それでも周囲の根回しはかなり重要ですし念入りにやっています。

我が家は今、2人とも未就学児ですが、学校に行けば楽になるとは思っておらず、学校は学校で色んな課題がふりかかってくるんだろうな…と思います。いつ大手を振って行けるんでしょう…子供が中学生くらいになったら…?

 

前職でPT同士で結婚した後輩がいましたが、勉強会や学会に行くのはいつも旦那さん。奥さんはいつも子供とお留守番だそうです。

 

なんだかそれを聞いてモヤァ…としてしまいます。同じ仕事をしていて、キャリア形成をするのは旦那さんだけ。奥さんは待機。

 

働きたい人、勉強したい人がその人のタイミングでできるのが最高じゃないでしょうか。

どちらかのキャリアを犠牲することがないといいなーと切に思うのです。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の外遊びに気をつけること【子連れお出かけ攻略編】

おつかれさまです。

本と漫画を愛する主婦、がみさんです。

 

気候も良くなり、自粛も少しずつ解除され、そろそろ母たちは行かねばなりません、外遊びへ。

 

年中ワンオペで子2人をつれて駆け回る私が伝えたいことをここに記します。子々孫々まで伝えていってほしい…。

 

★子供の安全を確保する。

★親をケアする。

 

2点について記しておきます。

 

子供の安全の確保

 

私がワンオペ外出時、心がけていることは4つです。

 

①とにかく目を離さない

 

ワンオペの一番怖いところは「自分1人しかいない」という点です。

 

言い換えれば、

「子供のケア」

「子供の遊び相手」

「もしもの時の対策要員」

 

が自分1人ということです。怖い!!

 

子供はテンションが上がると何をしでかすか分かりません。車道や駐車場に飛び出したり、人とぶつかったり、転んだり、店のものをべたべた触ったり…。

 

なので、とにかく自分が目を離さないこと、離れても自分のテリトリー(すぐに駆け出していけるところ)のもと、見守りを行います。

 

我が家は上が5歳、下が2歳です。

上は制止が効く年齢になってきましたが、問題は下の子です。

 

興味があるものには猪突猛進!

ダメと言われたことはやる!

 

なので、私はそこそこ自由がきく場所(公園とか)は上の子には『この公園から出てはだめ。○○(目の届く範囲)までなら行っていいよ』と伝え、下の子には付きっきりというスタイルで乗り切っています。

 

 

②自分の手の届く位置に陣取る

 

これも理由は①と同じなんですが、どちらかというと下の子のように小さい子向けですね。

口で言っても制止できない時は手を出して行かないように制止。

 

必要とあれば抱える。

 

盗塁を狙う野球選手のように常にジリ…ジリ…と子供達から一定の距離をキープして見守っています。

ほんとは疲れるので、ベンチに座ってスマホとか触りたいけど絶対に無理です…。

 

そして持っていく荷物は必ず両手をあけたいので、リュックサック一択です。毎回「お泊まり?」ぐらいの荷物を詰め込んでいます。

 

 

③脱走経路を絞る

 

万が一、親の制止を振り切って公園、レジャー施設の敷地外から出る。

 

それだけは絶対に避けなければいけません。

 

迷子になるだけではなく、事故に遭う可能性もグッと上がるからです。

そして手元にはもう1人の子供。

母の機動力は大幅ダウンです。

 

なので、敷地外への出入り口が多い施設、死角が多い場所は避けたほうがベターです。

 

④人混みを避ける

 

感染云々の問題ではないですが、人混みが多いと死角は増え、ただでさえ落ちている機動力が更に削がれます。

 

おまけに人にぶつかったり、ぶつかられたり、いらんトラブルやストレスも増えます。

 

ワンオペ時は人混みを避けましょう。

 

母(父)をケアする。

 

ワンオペ外遊びは身体的、精神的両面で親の力をゴリゴリに飾ります。

 

①日焼け対策、熱中症対策はしっかり

 

これからの季節、親の日焼けと熱中症にも注意が必要です。

つい子供優先で世話を焼きがちですが、親の日焼け対策、熱中症対策も絶対にお忘れなく!

日焼け止めは首まわりもしっかり塗り込み、子供と一緒に水分塩分をとりましょう。

日中の対策を怠ると、夕方以降のタスクで潰れてしまいますので気をつけて…。

 

 

②自分を褒める

 

ワンオペ外遊びは、ついつい大きい声で注意&落ち込みがちですが(私だけ?)、とりあえず子供達が大きな怪我なく1日を終えることができたならそれでオッケー!!

 

子供達が寝てから、お酒や甘いもので自分を労ったり、早めに休んだりしましょう。

 

 

③お出かけ荷物に自分のおやつを仕込む

 

お出かけの時は子供の荷物ばかりになりがちですが、自分のおやつをしのばせておくのもオススメです。

 

小腹が空いた時、ちょっと疲れた時に食べると少し元気が湧いてきますよ!

 

④常に余裕をもってスケジューリング

 

子供の月齢でも変わってきますが、ワンオペの時は自分の体力をいかにして夜まで残すか、がカギとなります。

 

余力を残しながらのスケジューリンクは必須です。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

外遊びにお出かけ、お互い頑張りましょう…!